富岡復興ソーラー~地権者遠藤良一さん~

富岡町夜の森地区の桜並木で観光人力車を走らせていた遠藤良一(63)さんは、原発事故の後、避難先の二本松市、白河市でも支援への感謝を込め人力車を引き続けました。地元でも知られる遠藤家6代目。もともと古いものが好きだった遠藤

Read more

富岡復興ソーラー~地権者安藤治さん~

安藤治さん(68)は、富岡復興ソーラーに約1.8ヘクタールの農地を提供しています。 代々米作り農家で、安藤さんも高校を卒業してすぐに農業の道に入りました。原発事故の後、富岡町は郡山市に臨時役場を設置しました。富岡の消防団

Read more

ソーラーシェアリング~牧草刈り~

ソーラーシェアリングとは太陽光発電と農業を同時に行なうことです。太陽光パネルの下には十分なスペースが確保され、作物を自由に栽培、トラクターを使った作業も行えます。太陽光パネルの下をトラクターが自由に動き回る光景には、新し

Read more

富岡復興ソーラー~遠藤夫妻編~

富岡復興ソーラーの設立を最初に構想したのは、一般社団法人富岡復興ソーラーの代表理事、遠藤陽子さんです。原発事故の影響で耕作できなくなった農地を何とか有効利用したいと、2013年に夫、道仁さんと二人三脚で活動を始めました。

Read more

富岡復興ソーラー~建設の様子①~

2017年4月に着工した富岡復興ソーラー。約4カ月間の進捗の様子をまとめてみました。 工事には1日平均120人ほどの作業員が従事しています。天候に左右されやすい工事ですが、これまでほぼ予定通りに工事は進んでいます。 また

Read more

福島県の自然エネルギー発電施設 全国2位

2017年8月2日付、毎日新聞夕刊一面(東京版)は、自然エネルギーで発電し、収益の一部を地域に還元する市民地域発電所が全国で1028基に達した、と報道している=写真。 都道府県別では、長野県の353基に次いで福島県が92

Read more

富岡復興ソーラー~富岡の今.2017春~

「富岡復興ソーラー」の建設が始まった福島県双葉郡富岡町。この町はどんなところか。 その場所さえ知らない人が、県外の人では大部分かもしれません。4~5月にかけて撮影した町の雑景を集めてみました。 4月に一部地域を残し避難指

Read more

富岡復興ソーラー プロローグ

東京電力福島第一原子力発電所から南に約10キロ離れた富岡町。 今、この町で33メガワットという巨大ソーラー発電所の建設が進められています。 敷地は約35万平方㍍の水田の跡地。これほどの規模でありながら、運営は大手資本に頼

Read more