ヤマが消える ー福島・常磐炭鉱ー

2016/02/05

昭和の頃、映画館では「ニュース映画」が上映されていました。

福島県の常磐炭礦磐城礦業所が。いま88年の歴史を閉じようとしている。常磐炭礦磐城礦業所の石炭を貨車に積み込む坑員平塚マサハルさんは「親子3代にわたって世話になった」。上がってくるトロッコ硫黄が混ざった公害炭で経営不振に常磐炭鉱労働組合の委員長は「運転手当に死力を。転職が楽ではない」。