富岡復興ソーラー~プロジェクトマネージャー 小峯充史~

富岡復興ソーラー事業の実務全般を担っている小峯充史さん。東京電力福島第一原子力発電所事故の後、再生可能エネルギーを事業の柱とする会社を立ち上げました。「事故以前、原発は環境に優しいと思っていましたよ」と言って笑う。起業の

Read more

富岡復興ソーラー~地権者 遠藤憲一・芳子夫婦~

富岡復興ソーラーに4町歩半という地権者の中で最大級の農地を提供している遠藤憲一さん夫婦。当初は太陽光発電用地にすることに反対だったそうです。原発事故で汚染されたとはいえ、祖父の代から引き継いできた農地への愛着は深く、妻の

Read more

ソーラーシェアリング~齋藤広幸さん~

昨年、配信したKTSE発電所齋藤広幸さんの続編。ソーラーシェアリングで米作りをする斎藤さんの田植え、稲刈りの様子をお伝えします。昨年の経験を踏まえ、太陽光パネルの下で2度目の稲作に取り組んだ斎藤さんでした。だが思わぬ天候

Read more

富岡復興ソーラー~地権者遠藤良一さん~

富岡町夜の森地区の桜並木で観光人力車を走らせていた遠藤良一(63)さんは、原発事故の後、避難先の二本松市、白河市でも支援への感謝を込め人力車を引き続けました。地元でも知られる遠藤家6代目。もともと古いものが好きだった遠藤

Read more

富岡復興ソーラー~地権者安藤治さん~

安藤治さん(68)は、富岡復興ソーラーに約1.8ヘクタールの農地を提供しています。 代々米作り農家で、安藤さんも高校を卒業してすぐに農業の道に入りました。原発事故の後、富岡町は郡山市に臨時役場を設置しました。富岡の消防団

Read more

富岡復興ソーラー~環境エネルギー政策研究所 飯田哲也~

富岡復興ソーラーの計画段階から実務全般に渡って支えているのは、NPO法人環境エネルギー政策研究所(飯田哲也所長)です。飯田さんは世界のエネルギー事情に詳しく、東日本大震災後は日本のエネルギー戦略として再生可能エネルギーの

Read more

富岡復興ソーラー~地権者豊田直助さん~

豊田直助さん、87歳。富岡復興ソーラー建設地の地権者30人の長老的存在です。原発事故で汚染された土地を再活用する方策として、太陽光発電事業に早くから着目し、復興ソーラー代表理事の遠藤陽子さんと一緒に地権者をまとめる上で大

Read more

ソーラーシェアリング~牧草刈り~

ソーラーシェアリングとは太陽光発電と農業を同時に行なうことです。太陽光パネルの下には十分なスペースが確保され、作物を自由に栽培、トラクターを使った作業も行えます。太陽光パネルの下をトラクターが自由に動き回る光景には、新し

Read more

富岡復興ソーラー~遠藤夫妻編~

富岡復興ソーラーの設立を最初に構想したのは、一般社団法人富岡復興ソーラーの代表理事、遠藤陽子さんです。原発事故の影響で耕作できなくなった農地を何とか有効利用したいと、2013年に夫、道仁さんと二人三脚で活動を始めました。

Read more