オフグリッド構想 短縮バージョン

飯舘村佐須行政区にある「虎捕の里交流拠点エリア」で始まった新たな取組。
それは、従来の電力供給システムから独立したオフグリッドと呼ばれるエネルギー循環システムの構築。自然エネルギーをベースにしたエネルギーの地産地消による地域内経済循環モデルを目指す。
認定NPO法人ふくしま再生の会と地域の有志が中心となり、飯舘電力はその専門性を生かしてこの取組を支援する。
世界でもほとんど例のないこの取組が進行すれば、国内だけでなく、世界からの視察団誘客(交流人口増加)と、交流拠点の収益、雇用創出が期待できる。
佐須行政区長であり、認定NPO法人ふくしま再生の会の副理事長でもある菅野宗夫の自宅は、ソーラーパネルを設置し、売電は行わずすべて自家消費している。オフグリッド住宅への過程を示すモデルと言える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう