ソーラーシェアリング マリ上映用PV 英語版

第2回世界ご当地エネルギー会議 in マリ
上映PV「ソーラーシェアリング~新しい農業の形~」
The 2nd World Community Power Conference in Mali
Displayed Promotion Video: “Solar Sharing: New type of agriculture”

2018年11月8〜10日、アフリカのマリ共和国バマコにて「第2回世界ご当地エネルギー会議(The 2nd World Community Power Conference 2018, WCPC2018)」が開催されました。
“The 2nd World Community Power Conference 2018, WCPC2018”was held in Bamako, Republic of Mali in Africa on November 8th to 10th, 2018.

配信動画は、この会場で上映されたソーラーシェアリングのPVです。このPVが上映された「エネルギーと農業」をテーマとするセッションは、会場に人が入り切らないほどの盛況だったそうです。
The distributed video is a promotional video on Solar Sharing displayed at the venue. The session featuring “Energy and Agriculture” accompanying display of this promotional video drew such a large audience that the hall at the venue could not accommodate all of them.

また、今回の世界会議を受け、主催者のマリ・フォルケセンターとISEP環境エネルギー政策研究所、全国ご当地エネルギー協会の協働プロジェクトとして、バマコ市内から南西に位置する人口2万人の村Bancoumana においてソーラーシェアリングの構想が生まれました。今後、具体化に向けて検討を進めていくそうです。
Ideas received in this world conference have brought a plan to implement the Solar Sharing in Bancoumana, a village with a population of 20,000, located southwest of Bamako City, as a collaborative project promoted by the organizer or Mali-Folkecenter, Institute for Sustainable Energy Policies (ISEP), and Japan Community Power Association. From now on, the plan is scheduled to be examined for substantiation.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう