ソーラーシェアリングVol.3~飯舘電力の貢献~

震災の3年後に誕生した飯舘電力は、飯舘村の復興を目的に設立された会社です。
太陽光発電事業はそのための第一歩として始めた事業であり、発電事業のみを行う会社というわけではありません。今後は発電事業の収益をもとにいろいろな事業を起こし、村の復興・再生に貢献していこうとしています。
ソーラーシェアリングはその一貫として飯舘電力が今、最も注力している事業です。農業の復活にはまだまだ遠い飯舘村ですが、飯舘電力はソーラーシェアリングで牧草を育て、その牧草を牛農家に供給し、かつてのブランド「飯舘牛」の復活に役立てようとしています。さらに、自社で牛を買い、農家とともに牛を育て、出荷する事業も進んでいます。飯舘村の小さな会社が大きな目標に向かって進んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう