ソーラーシェアリングVol.2 農業齋藤広幸の挑戦 英語版

ソーラーシェアリングVol.2~農業 齋藤広幸の挑戦~
Solar Sharing Vol. 2 Challenge of a farmer, Hiroyuki Saito

飯舘村の隣町、川俣町の農業齋藤広幸さんはソーラーシェアリングの達人です。
今、日本国内の個人で最も果敢にソーラーシェアリングに取り組んでいるのが齋藤さんではないでしょうか。耕作面積、発電量ともにどんどん拡大しています。
普段は物静かな人柄ですが、行動は大胆です。
Farmer Hiroyuki Saito in Kawamata Town, the town next to Iitate Village, is an expert on Solar Sharing. Mr. Saito may be the individual who engages with Solar Sharing in Japan. His cultivation area as well as his generated output are getting bigger and bigger. He is ordinarily rather quiet, but he acts boldly.

「原発事故の後、農業を辞めようとしたけど、ソーラーシェアリングに出会ってより農業に情熱を傾けるようになった」と言う齋藤さん。エネルギーを作り、農業をすることで、自然豊かな地域社会を作り、後世に住みやすい環境を残していきたい。そんな思いを胸に、齋藤さんの挑戦はまだまだ続きます。
Mr. Saito said. “After the accident of the nuclear power plant, I once considered quitting farming, but since coming to know Solar Sharing, I have come to put my heart into agriculture more than ever.” His wish is to create a local society with abundant nature through energy generation and farming so as to create a livable environment for our descendants, Mr. Saito’s challenge still continues.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう