ソーラーシェアリングVol.1 新農業スタイルが未来を拓く 英語版

ソーラーシェアリングVol.1~新農業スタイルが未来を拓く~
Solar Sharing Vol.1: A New agriculture system leads for the future.

今回新設した「太陽と牛の恵み」では、ソーラーシェアリングと飯舘牛の復活をテーマにした番組を配信します。
The newly created “Blessed Sun and Cattle”program will be distributed with the theme on Solar Sharing and regeneration of Iitate Cattle.

ソーラーシェアリングとは、農業と発電の両立です。農地の上に立てたソーラーパネルで発電を行ない、その下で営農を行なう新たな農業スタイルです。今、このソーラーシェアリングが福島県下で徐々に広がりつつあります。
Solar Sharing is a system that can do both agriculture and electric power generation. The system has a new agricultural style, including power generation using solar panels arranged above agricultural land while farming under the solar panels. Now, Solar Sharing is gradually spreading throughout Fukushima Prefecture.

農家にとっては発電による売電という新たな収入源が生まれるだけでなく、新規就農や後継者問題の解決にもつながるのではと期待されています。また福島第一原子力発電所の被災地においては、農地の有効活用にソーラーシェアリングは効果を発揮すると期待されています。まだまだ始まったばかりですが、小規模分散型のこのソーラーシェアリングが全国に広がれば、日本のエネルギー環境は大きく変わる可能性を秘めています。
Farmers expect the Solar Sharing would not only bring in a new income source selling the generated power, but also eventually solve issues of the shortage of successors, but also those newly engaging in agriculture. Furthermore, in the disaster sites of the Fukushima No.1 nuclear power plant, Solar Sharing is expected to work on the effective use of agricultural lands. Though it is only at its beginning stages, spread of this small-scale-distributed-generation-type Solar Sharing all over Japan can significantly change the current energy environment in Japan.

福島県下でソーラーシェアリングに取り組む人々を取材し、また、金融関係者からも話を伺い、その魅力と可能性を探ります。
We will cover people currently using Solar Sharing in Fukushima Prefecture, and interview financial business operators, to find which aspects are most attractive as well as its capabilities.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう