富岡復興ソーラー〜次世代への贈りもの〜

これまで、約1年に渡り建設映像や関係者へのインタビューを配信してきた富岡復興ソーラー高津戸・清水前太陽光発電所。その竣工式が4月13日、発電所に隣接した農地を会場に行われ、百名を超える出席者で賑わいました。

今回配信するのは、1時間を超える記録映像となったDVD「完成への軌跡」と並行して制作したショートバージョン映像です。サブタイトル「次世代への贈りもの」はこの発電所の発案者であり施主でもある遠藤陽子さんのインタビューから着想しました。

「この事業は我々だけのためではなく、20年、30年先の次の世代の人たちにつながるもの。そういう事業に育てていかなければならない」陽子さんから度々お聞きした言葉です。

巨大ソーラーでありながら住民主導型。全国でも例のない画期的なプロジェクト富岡復興ソーラーの本当の役割、使命はこれから始まります。富岡の町と人々にどんな未来を切り開いて見せてくれるのか。期待とともに注目していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう