ソーラーシェアリング~牧草刈り~

ソーラーシェアリングとは太陽光発電と農業を同時に行なうことです。太陽光パネルの下には十分なスペースが確保され、作物を自由に栽培、トラクターを使った作業も行えます。太陽光パネルの下をトラクターが自由に動き回る光景には、新しい農業の姿が感じられます。

今回の映像は飯舘村の牧草地におけるソーラーシェアリングの様子です。

飯舘村は今年2017年3月31日に一部地域を除き避難指示が解除されました。映像にある牧草地は避難指示が解除された地域にあり、牧草はまだ試験栽培で収穫して使うことはできません。牧草は年3回収穫され、放射性物質のモニタリング検査を継続して実施し、牛の飼料として適否を判断します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう