えこえね南相馬ソーラーヴィレッジ

太陽光発電と営農を同時に行うソーラーシェアリング

太陽光発電と営農を同時に行うソーラーシェアリングに震災後、一早く取り組んだ「えこえね南相馬研究機構」。農地法の制約を受ける中、課題を一つ一つクリアして2015年9月には9カ所の営農型太陽光発電所で売電を開始した。
小規模分散型のソーラーシェアリングは、福島第一原子力発電所の事故で被害を受けた被災地の農業とエネルギー問題の解決に貢献すると期待されている。   同機構の高橋荘平・理事長は、地元南相馬から農業者と伴にエネルギー問題への発言と啓蒙活動を展開している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう