いいたての明日 Vol 9 仮設住宅の暮らし

仮設住宅、住民の平均年齢70歳台

(2015年2月撮影)
福島市に設けられた仮説住宅「松川第一仮設住宅」には2015年2月現在、1000人の村民が住んでいました。当初、2年間の限定使用の条件で立てられた小さな住宅ですが、すでに4年を経過します。
平均年齢70歳台で、ほとんどが一人暮らしです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう