空から見た飯舘〜伊丹沢〜

季節はめぐり5回目の秋。村はやっぱり美しかった

1回目の空撮は、村の中心に位置する村役場の上空。
小型無人機「マルチコプター」を操縦し、空撮したのは、カメラマンの森谷富士雄とアシスタントの水戸成二の2人で、電線施設など周辺に細心の注意を払って飛行しました。
高度250㍍。11月1日、日曜日。人の往来こそ見当たりませんが、モミジの木が真っ赤に色付き、深まる秋を映しています。村民歌「夢大らかに」は「山 美しく、水  清らかに」と飯舘村を歌っていますが、まさに美しい風景です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう