われら飯舘村民〜渡邊とみ子さん 後編〜

思い出がいっぱい詰まった自宅に帰ったその時に

忙しい中、時間を割いて飯舘村飯樋の家まで同行していただきました。思い出と夢がいっぱい詰まった家で、時折涙を浮かべながら案内してくれる渡邊さんに胸が詰まる思いでした。
この場所を離れなければならなかった渡邊さんの思いは、すべての飯舘村民に通じるのだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう